2018年4月25日 (水)

グリーンのあじさいリース

おはようございます。

昨日は次女の林間学校の説明会がありました。
次女が5年生だなんて、まだ信じられません。
下の子なので、ついついまだ小さいと思ってしまいます。
林間、大丈夫かなぁと心配な私ですが、本人はとっっても
楽しみにしているみたいで、そこは一安心です

さて、昨日のレッスンレポートの続きです。
もうお一人の方の作品をご紹介します

以前、ご友人が作られたリースと同じものをご希望でした。
グリーンのあじさいリースです。
3種類のグリーンのあじさいとホワイトローズ、グリーンアップルを使いました。
あじさいのワイヤリングも上手にされ、違う色のグリーンのあじさいの配置も
バランスよくアレンジされていました
レッスンにお越しいただき、ありがとうございました

【PR】4月28日発売


【真夜中乙女戦争】
KADOKAWA1300円。
https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4048962418/ref=mem_taf_books_a
東京は、あと一分で終わる。愛していると言えないうちに―。
愛って、なんだ。永遠って、なんだ。眠れない夜は、どうすればいい。
この退屈は、虚しさは、どうすればいい。
どうせ他人になるのに、どうして私たちはどうでもいい話をしたがるのだろう。
どうせ死んでしまうのに、どうして今こうして生きているんだろう。
死ぬまでに本当にやりたかったことって、一体なんだったのだろう。
青春小説史上、恋愛小説史上、犯罪小説史上、
最高に過激で孤独、そして正しく、美しい夜更かしが始まる。
著書累計、20万部突破。
この一冊が、すべての絶望を紙屑にする。
***
友達はいない。恩師もいない。恋人もできない。好きな人の好きな人は私ではない。夢も趣味も特技もない。
InstagramもTwitterもYouTubeもくだらない。
なにもかもが眩しく、虚しく、どうでもいい。
東京で一人暮らしを始めた大学一年生の「私」は、夜になっても眠ることができない。
やりたいこともなりたいものもなく、無気力な日々の中、「私」はサークルに入り冷酷で美しく聡明な「先輩」と出会う。
しかし彼女一人を除いて誰とも馴染めず、すぐそのサークルとも疎遠となる。
そんな「私」を唯一潤わしたのは、毎晩のように東京タワーの近くまで歩いて行き、毎晩のようにタワーだけを眺め続ける、そんな無意味な行為だけだった。
講義にもサークルにも行かず、散歩をするか、あるいは図書館で勉強を続けるだけの生活に半ば絶望していた夜、図書館横の喫煙所に佇んでいると見知らぬ男が「火、ある?」と声を掛けてきた。
この男との出会いが、これから起こることのすべて―悪戯、銅像破壊工作、大学破壊工作、暴動、そして東京破壊計画―つまり、最悪の始まりだった。
一方、「私」と「先輩」の距離はだんだんと接近していく……。
著者について
●F:11月生まれ。血液型はA型。黒髪。猫が好きだが猫アレルギー。好きなものは東京タワーと映画と現代詩と散歩と冬とペルシャ猫と女嫌いな女。

2018年4月24日 (火)

1年で1番綺麗になる日?!

年一回この時期…
お母さん達を悩ます
家庭訪問
任務完了〜 ( )
この開放感は、なんとも言えないのだ
一応、おもてなししたいタイプの私は、計画的にお片付け(^◇^;)

いつも綺麗にお片付けしてたらいいじゃん!
ってツッコミが入りそうですが、笑っ。
この時の私の脳みそはかなりのアドレナリンが放出されてると思われる(^◇^;)
んでもって今は、たっぷりのアルファ波
ここ数年の我が家の定番は、
ご近所の有名和菓子屋さんにアンパンマンのキャラクターに見立てた、キャラ和菓子を発注する事
そして、三女のお気に入りの
ガトーショコラを手作り
準備万端で迎えた先生たち
すっかり、娘のセレクトした、アンパンマンのキャラクターで15分くらい盛り上がります(^◇^;)
今年の先生のイメージは、
【みみ先生】と【長ネギマン】
三女は、自分用に【鉄火の巻ちゃん】
最高です ( )
先生たち、とっても喜んでくださいます
年一回のおもてなし
ムスメも楽しみにしています ( )
今年は去年の心配していた悩みもなんのその、先生達の明るさのお陰で、すっかり慣れてきている様子に安心
先生達も娘の家での様子を伺い知ることもでき、約1時間半位、学校の話が3割、笑。
焚き火やアウトドアの話やお笑い系の話
おばあちゃん話に話題に事欠かない次女の話?!
7割で楽しく歓談しました ( )
毎年、個性色々ですが、根っこがいい先生たちに恵まれてきて、本当に幸せな娘です
可能性を引き出して、底上げするお手伝いをします
と頼もしく仰る先生たちに感謝感謝
今度、ソロストーブでパパも交えて、特上のソーセージを焼いて食べる約束をして
家庭訪問終了〜 ( )
一年の中で1番、我が家のリビングが綺麗になる日でした〜( )

富山!

富山!

おはようございます。
4月24日火曜日、皆様いかがお過ごしでしょうか。
いつも一平飯店をご利用いただきありがとうございます。
富山は雨空です。
今日も肉ダンゴをはじめ、トンポーロも仕込む予定です。
ありがとうございます。

ゴールデンウィーク、県外に旅行へ行かれるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ゴールデンウィーク富山土産に

一平飯店愛してます!シール

店内にて無料でプレゼントしております。
ゴールデンウィークの富山土産にもどうぞご利用ください。

今日も一日、よろしくお願い申し上げます。m()m

一平飯店ホームページ

一平飯店
中華料理
富山
ゴールデンウィーク
愛してますシール

ブログをまとめてみる>

2018年4月23日 (月)

家族飛行

おはようございます。
天使の羽休めをお読みいただきありがとうございます

春はホッとひと息つくことを意識している季節。
昼休憩の時に読む、私のとっておきの愛読からは、
静けさの中にある安らぎと、人とのシンプルな繋がりの大切さを感じ、
自分の中での浄化をしています。
まろやか生活様式研究所山と木の家
4月はほろ苦い思い出のある季節。
一人目の出産後に仕事復帰した際、
仕事、家庭、人間関係全てにおいて大きな挫折を味わった季節です
生きている意味ってあるんだろうか。
来る日も来る日もひとり、哲学的な思考を巡らせたりしてました。

そんなメンタル崩壊した記念日4/23(笑)
ハードルをクリアできたからこそ、
振り返り、整理していきたい今の心境です。

うちの一個小隊の飛び方

マニアックな話になりますが、戦闘機の戦法について(笑)
家族の在り方を重ねながらライトに綴りたいと思います。

戦時中、アメリカ軍が空でゼロ戦と戦う際の戦法に、
戦闘機二機を最小単位とするペアで戦う方法があったそうです。
日本の俊敏なゼロ戦に対して、
二機編隊で、お互いをカバーしながら戦う方がやりやすかったんでしょうね。

四機編隊一個小隊
と言って、4機で1つのグループにもなるのですが、
夫の中では、これが家族という単位そのものなんです。
よんきへんたいって言われても、
頭の中で漢字変換するのに苦労します

タウタウの授乳の時は、
ママとタウタウがペア。
だから、ポロロンの歯磨き仕上げは夫がケアします。

2機編隊ずつに分かれて行動の時にいかに上手くカバーし合い、
いい4人の小隊として完成するか、が夫の中に家族ビジョンとしてあるようです。

週末の家族揃う時間は、
2機ずつに分かれてからの夫の行動は機敏で、
ゴミ出しの分類や食器洗いをしつつ、
目の悪いポロロンの目ぐすりをさし、
私とタウタウのお風呂上りには、
キッチンでタウタウのミルク作って待ち構えてくれています

今は。です。

こんな家族になるまで
かつて、うちの小隊が3人家族だった時代は悲惨でした。
上手く動けないボロボロ部隊だったんです。

はりねずみの夫婦という話を、
昔、親戚の結婚式でカウンセラーの先生が話してくださいました。
はりねずみは体に防御のための鋭い針がありますよね。
そのはりねずみの夫婦が抱き合うと、
お互いの体に相手の針が刺さり、
下手に近づくほど傷つけ合う。
自分達が上手に愛し合う方法を考えないといけない。

私達夫婦はそのお話のとおりだったと思います。

お互いに人を警戒する針が鋭くて、
どうやって素直に愛情表現したらいいのか
ずっとわからずに絡み合う。
どうすれば
自分達にとっていい家庭を築けるのか考えぬまま
私の年齢的な焦りもあり
最初の子供を授かりました。

子育てって、仲のいい夫婦でも大変なこと。
思いやりを上手く表現できないままに
子供や仕事のペースに振り回され、
早く帰れない夫への苛立ちで
心が乱れ始め、

私は夫の存在を無視し、
夫は私の存在を否定し始めました。

お互いを深く傷つけ合い、
冷戦状態になった時、
一番傷ついたのは他でもない子供でした。

そんな親機と共に暗雲の中を飛ぶ小さなポロロン。
親同士が攻撃し合い、
子に見えない流れ弾が当たって
どれだけ傷つけただろう。
言葉を話せない子でも心は一人の人間。
まだ柔らかい心を持つ一人の存在が
どれだけ不穏な空気に毒され傷ついたことか。
今でも親としての未熟さに深く深く反省しています。

満身創痍。
それでも、
健気に私達について
飛ぶことを諦めない子供。

いつしか、
母と共に泣き、
父と共に迷い、
父と母の間を行き来するようになり、
全身で両親を近づけようとする。

この戦いが、
どんなに有害で、
代償を伴うものか、
誰一人として幸せになれない。

そう思い始め、
徐に夫に執着せずに生きる覚悟が
できました。

自分が拘っていたものは捨て、
家族の幸せだけを考えたらどうだろう。
そのために、しんどくても土俵際で踏ん張る。

昔から
いい家庭を築きたい
それだけがささやかな夢だった。
他の小さな目標はクリアできても、
イメージが曖昧だった家庭の夢は、
ずっと曖昧なまま。

そもそも、
どんな家庭がいい家庭なのか。
そんな事すらよくわからなかった。

夢に照準を合わせ、
解像度を上げることからやろう。

そう決めると、
自然と毎日の行動がしっかりと定まり、
泣いたり、モヤモヤしたりしなくなって
行きました。

徐に
高度を上げ、
雲を抜け、
気付けば一機増えた。
四機揃った今、
子供を守る様に飛ぶことを
ようやくわかり始めた
ゆいま〜る小隊

来年は10周年。
10年かかってやっとここまできました

いつもお読みいただきありがとうございます。

来週配信予定はフラれたから燃える!について

怪談日記(4/21)

赤頭である。
水の滴りが止まない。
捻じ曲がったように時間が流れる。
【たび】
E君の話。
通勤路の途中。
住宅街の路地を通って最初の突き当たりにお寺の塀がある。
夜にそこを通るとおかしなものを見ることがある。
先日は足袋を履いた足と、着物の裾が、塀の下に薄っすらといた。
前を通ると消えた。
左足だけで、紫がかったように光っていたという。
おそらく女性の足だと思う。
以上、本日の怪談でした。
うーむ。

2018年4月22日 (日)

休みおわり

果てしない〜なんとかのなんとかぁ〜なんとかのなんとかぁ〜なんとかのなんでもきやがれ〜脱力

わたしの中の12

アダムタッチに縁がなかった私は
かくれがに再び行って癒されたのですが

癒されすぎてハマりたくなるので汗
またもや違う性感マッサージを
お願いすることにしました。

なんというか。
貪欲ですよね
10年前の再び性に目覚めちゃった私は
まさに飢餓状態という感じで

とにかく性的に満足したかったんです。

自分にこんなに性欲と好奇心があるなんて
気付かなかったな、と思いました。
ただ、プロではない人と
出会う気にはなっていませんでした。

夫の浮気は認めたものの
自分が不倫をするという発想は

この時点では皆無だったのです。

豊騎乗停止でクリンチャー鞍上乗り替わり

豊騎乗停止でクリンチャー鞍上乗り替わりとかもう陣営としたらたまったもんじゃねえな。僕はレインボーラインごり押しします。菊花賞2着のステゴ産駒は伊達じゃない去年の天皇賞買ってて負けてるからこの馬に賭けて勝たないと気が済まないんだよ好きな馬、好きな産駒で勝たないとさ

鶴見緑地 4月 II (3)

 
 
  カメラ: SONY NEX-6
  マウントアダプター使用
  レンズ: TOKINA 24mm 1:2.8 SL24N  1枚目
  レンズ: Canon New FD 135mm 1:3.5  2枚目
  カメラ: FUJIFILM FinePix AX300   3枚目
  場所: 鶴見緑地 国際庭園、風車の丘 他
 

«宝探し